SSブログ

『歿後六十年記念/中村彝展図録』(1984年) [中村彝を知るための45冊]

 

 1984~85年(昭和59~60)にかけて、三重県立美術館(84年10月13日~11月25日)と神奈川県立美術館(84年12月8日~85年1月20日)で開かれた、「歿後六十年記念/中村彝展」の図録です。カラー32ページで残りはモノクロ画像ですが、彝の代表作が網羅されています。特に、この時期までに新たに発見された彝作品も収録されており、同年の日動出版が刊行した『中村彝画集』を除けば、もっとも作品のまとまった図録といえます。
 また、巻頭および巻末には、当時は神奈川県立近代美術館の館長だった匠秀夫をはじめ、山口泰弘、酒井忠康、牧野研一郎、原田光が、作品についての解説文を寄せています。現在は古書店で入手可能なほか、美術館の資料室などで見ることができます。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます